Works

メギド
■ストーリー
凶悪な人間兵器「メギド」をもうひとつの人格として持つ根岸達也。九州での闘いを終え、辿りついた北海道で見たものは、国のエネルギー政策転換の陰に蠢く巨大な利権の渦だった。やがてアイヌの聖地を舞台にした陰謀に巻き込まれる達也。そして新しい人格の目覚めが達也を苦しめていく。フラッシュバックする血塗れの殺人現場の幻覚は何を意味するのか? 

書籍名 メギド
出版社 角川書店
判型/頁 文庫版/
定価